脱力

歌は脱力が命です

更新日:

Pocket

鷹木です。

 

今回は歌を上達させるためには”必要不可欠”なテクニックをご紹介します。

 

これからお話するテクニックは歌が上手な人”全員”

意識的、あるいは無意識的に使っているものになります。

 

むしろ身に付けていなかったらダメです。

 

もしもあなたがこのテクニックを身に付け

歌に臨むことが出来たなら

あなたの歌唱レベルは即座に1段階上がります。

 

私が歌う上で”一番大事”だと思っているものなので

是非最後までご覧ください。

 

もし、あなたが中々歌唱力が上がらずに

現状で停滞していて、歯がゆい思いをしているようなら

必ず最後まで見てくださいね。

歌において必要不可欠なスキル

それは「脱力」です

 

簡単に言えば「力を入れない事」ですね。

 

ここでいう脱力は「喉」だけではなくて

舌、喉、肩、腹筋等も含めます。

 

今までの喉に力が入っている状態では

サビの音程が高い箇所などは

無理して苦しくなりながら声を出していたことでしょう。

 

この「脱力」を身に付けることが出来れば

今まで無理をして出していた高い声も

楽々出すことが出来ます。

 

また、喉も疲れる事が殆どなくなり、

長時間歌い続けることが出来るでしょう。

 

歌う上で非常に大きな悩みとなっている

「高い声が出ない」「すぐ疲れてしまう」

この2つを解消する事が出来れば、

それだけで歌唱力が一段階あがり、次のステージへ進むことができます。

そんなにうまいくの?

 

と思われるかもしれません。

 

長年高い声が出せずに悩んでいる方は尚更そう思うでしょう。

 

昔の私も長年高い声が出せずに悩んできました。

 

しかし、「脱力」しながら歌う事を

意識する事によって、今まで必死に出してきた高い声が

楽々出るようになりました。

 

今考えればそれも当然です。

 

高い声が出ない事も長時間歌えないことも全て

「力み」が原因だからです。

 

あなたがこの「力み」を取り除くために

「脱力」を身に付ける事ができれば

即座に歌が上達します。

 

誰にでも出来るわかりやすい方法で

「脱力」をする方法を紹介していくので

是非最後までご覧になってください。

 

力んでしまう原因

脱力する為の方法を解説する前に

力んでしまう「原因」からお話していこうと思います。

 

歌を習ったことがない殆どの人が

歌う時に力んでしまう原因、

それは...

「歌う時、高い声を出す時、大きな声を出すときには喉に力を入れなければならない」という

「思い込み」によるものです。

 

意外だと思われましたか?

 

この勝手な思い込みにより自分自身で首を絞めていたのです。

 

本来、高い声を出すのにも大きい声を出すのにも

力む必要は全くありません。

 

むしろ力むことでそれを阻害してしまいます。

 

その理由についてはこちらの記事で詳しく話しています。

喉に力を入れるのは絶対にやめましょう。

 

「力まなければ高い声は出せない」という思い込みを捨てて、

意識的に脱力をしながら歌う事でこれらの問題を

解消できるというわけですね。

 

脱力の方法

「じゃあこれから歌う時には脱力してくださいね」

なんて言われても戸惑ってしまいますよね。

 

歌う時に力んでいるにはもはや癖のようなものなので

今すぐに「脱力をしながら歌う」というのは難しいと思います。

 

しかし、あなたにも力まないでリラックスしながら

歌っている時はあります。

 

それは「家で歌っている時」です。

 

家で歌っている時は喉が痛くならずに

楽々と高い声が出ませんか?

 

それはリラックスしながら小さい声で

歌っているためです。

 

大きな声で歌っていないので

先程言った

「大きな声を出すときには喉に力を入れなければならない

という思い込みが無くなり、

喉が非常にリラックスした状態になります。

 

そして家というくつろげる空間にいるので

体中の余計な力が抜けて

全身がリラックスしているのです。

 

そうして喉だけでなく体中が

リラックスしている状態なので

高い声も楽々出て喉も痛くならないのです。

 

この時の感覚を普通に歌う時も再現するだけです。

 

とっておきの練習法

ここでかつて私が「脱力」を出来ていなかった

時に行っていた練習方法をご紹介します。

 

練習はカラオケで行います。

 

そこでミュージックの音量を下げて

マイクの音量を上げて下さい。

 

ミュージックの音量はマイクの音量の

5分の1程度でいいです。

 

その状態で歌ってみてください。

 

これが何故「脱力」に繋がるの

かというと、デフォルトの状態の

ミュージックの音量はかなり大きいです。

 

この大きい音量に引っ張られるように、

無理して大きい声を出してしまいがちなのです。

 

その結果「喉締め声」になってしまいます。

 

なので、ミュージックの音量に対し

マイクの音量を大きくしてしまえば

無理して大きい声を出す必要はありません。

 

音量を調整した状態で脱力を意識して歌えば自然と

喉に負担がかからないかつ高い声が出しやすくなると思います。

 

このテクニックは友人とカラオケに

行った時などは中々使いづらいと思うので

是非練習がてら1人でカラオケに行った時に

お試しください。

 

この練習を繰り返して脱力しながら発声を

する感覚を身に付ける事が出来れば

わざわざ音量を下げなくても

脱力しながら歌えるようになるはずです。

 

以上です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

無料で大公開中

歌の知識0だった"ド初心者"だった私が

いかにしてミックスボイスを身に付けたか、

そしてその練習方法とは...?

 

メルマガ登録はこちら↓

 

現在ランキングに参加中です。

応援クリックして頂けると嬉しいです。

おすすめ記事一覧

1

鷹木です。   今回は発声原理(声が出る仕組み)について 解説していきます。   何故このような事を解説するかというと、 ある事柄について上達させたいと思っているなら その仕組みに ...

2

鷹木です。   今回は歌を上達させるためには”必要不可欠”なテクニックをご紹介します。   これからお話するテクニックは歌が上手な人”全員”が 意識的、あるいは無意識的に使っている ...

3

鷹木です。   今回は「共鳴」について詳しく解説していこうと 思います。   歌が上手な人が部屋中に響き渡る声を 出せるのは何故でしょう?   プロのアーティストが会場中 ...

-脱力
-,

©2018 0から始めるミックスボイス講座

Copyright© 0から始めるミックスボイス講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.