発声知識

高い声を出す事は重要ではない

更新日:

Pocket

鷹木です。

 

歌において高い声を出す事は

必ずしも重要ではありません。

 

「散々ミックスボイスを身に付けるのが重要とか言っておいて今更何言ってんだ?」

と思われるかもしれません。

 

しかし、「ミックスボイス=高い声」という訳ではありません。

 

生まれつきの地声が低い人はミックスボイスを身に付けても

低い音域のままかもしれません。

 

低い声、高い声の定義は人それぞれです。

 

男性が出すのが辛いと思われる音域は女性にとっては低い音域かもしれません。

 

逆に女性が出し辛いと思っている低い音域は男性にとってはちょういどいい音域かもしれません。

 

今日はそんな人によって声の高さ、低さは違うのだから

高い声を出す事はそこまで重要じゃないという話をしていきます。

プロアーティストでさえも...

先程高い声を出すのがそこまで重要じゃないといいましたが

もちろん理想は低い声も高い声も自由自在に出せて

様々な曲を歌いこなす事が出来るのがベストです。

 

しかしそう簡単にはいきません。

 

人それぞれ得意な音域は違います。

 

「高音を出すのが得意だけど低音を出すの苦手」

逆に

「低音を出すのが得意だけど高音を出すのが苦手」

と言う人もいます。

 

歌手によっても得意な音域は違いますよね。

 

例を挙げると

ONE OF ROCKのボーカルである「Taka」のように力強く時に柔らかい高音が魅力的であるように

「GACKT」のダンディーで響き渡る低音が魅力的であるように

得意な音域というのは人それぞれ違います。

 

自分の歌声で生計を立てている

その道のプロと言える歌手でさえ

低音域から高音域まで全て歌いこなせるいう人は滅多にいません。

(”出せる”と”歌いこなす”は別物です。)

 

 

何故個人差があるのか

何故そのように人それぞれ得意な音域が違うのかというと

秘密は「声帯」にあります。

 

「声帯」は声を作り出すための器官です。

 

この声帯が伸び縮みすることによって

様々な声色を出すことが出来るようになります。

 

この「声帯」は人によって個体差があります。

 

それに加え、人それぞれ発声の仕方や喉の筋肉の動かし方が違ってくるので、

高い声を出しやすい人

低い声を出しやすい人

の差が生まれてきます。

 

これがそれぞれ人の得意な音域が違ってくる仕組みになっています。

 

憧れからの勘違い

「高い声を出す事が正義」

「高い声を出すのがカッコいい」

「高い声のほうが迫力がある」

と言っている人はたくさんいます。

 

確かに好きなアーティストが

自分には出せない高音を出して難しい曲を歌いこなしていれば

カッコいいと思うし憧れもあるでしょう。

 

だからと言って自分も

「憧れの歌手のように痺れる高音を出してやるぜ」

なんて言って無理に高音を出すのは

間違っていると思います。

 

自分が憧れの歌手の声質に似ていて

高音を出すのが得意なら良いんですけどね...

 

そもそも

高音が出る=歌が上手い

という訳ではありません。

 

単なる高音なら赤ちゃんでも出せます。

びっくりした時や叫んだ時も意図せずに高音を出しているでしょう。

 

そこを勘違いした人がカラオケで

喉が締まっているキンキンした聞き苦しい高音を出して

ドヤ顔で「俺、高音出せます」

アピールをしてきたりします。

 

私はもはやそれを滑稽だと思っています。

 

大事なのは

「自分の声質・音域に合った曲を歌う事」です。

 

なので無理に高音を出そうとせずに

自分の出せる音域を理解して、その音域内で無理せずに

歌を歌うのが重要であると私は考えます。

 

そのためには自分の出せる音域と同じような曲を探す必要があります。

 

カラオケで

歌いたい歌が高くてキーが合わないという方は

キーを下げて自分の得意な音域に合わせてから歌えば良いのです。

 

たまに

「原曲キーで歌え」

「キーを下げるな」

なんて言ってくる輩がいますが

無視してもらって構いません。

 

曲のキーというのはその歌を歌っている歌手本人の

歌いやすい音域で作られています。

 

なのでキーが合わなくても

当たり前なのです。

 

無理して自分に合わないキーで

顔を真っ赤にしながら聞き苦しい高音で歌っているよりも

自分にあった音域でリラックスしながら

歌えたほうが良いに決まっています。

 

もちろん何の訓練もされていない方は

音域も狭く曲が歌いづらいでしょう。

 

ベストなのは発声訓練をして音域を

広げながら自分の得意な音域を見つける事です。

 

最後に

いかがでしたか?

 

高い声を出すことはそんなに重要ではないという事が理解して頂けたと思います。

 

人によって得意な音域が全く違います。

 

大事なのは自分が楽に出せる音域でリラックスしながら歌う事です。

 

以上です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

無料で大公開中

歌の知識0だった"ド初心者"だった私が

いかにしてミックスボイスを身に付けたか、

そしてその練習方法とは...?

 

メルマガ登録はこちら↓

 

現在ランキングに参加中です。

応援クリックして頂けると嬉しいです。

-発声知識
-, ,

©2018 0から始めるミックスボイス講座

Copyright© 0から始めるミックスボイス講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.