発声知識

基礎の音楽知識

更新日:

Pocket

鷹木です。

 

今回は基礎となる音楽の知識についてお話します。

 

前回の心構え編を見てないという方は

とても重要な話をしているので

是非こちらからご覧ください。

 

今回の講座は音域の知識と歌声の種類を話しているので

既に知っているよという方は飛ばしていただいて結構です。

 

音楽の知識が0で何もわからないよという方は

このまま読み進めてください。

 

さて行きましょう。

音域の見かた


(自作した表なので多少の粗さはお許しください)

この表は音域(声域)の表です。

 

音域(声域)とは文字通り人の声で出すことができる

音の範囲のことを言います。

 

何故ド、レ、ミ、ファなどの表記と

low、mid 、hiなどの2つの表記が使われているかというと

単純に音の高さをわかりやすくするためです。

 

例えば「ドの音を出してみて」と言われても

低いド、高いドがありますよね。

 

それらを区別するために各階級が作られました。

低(low~、mid1~、mid2~、hi~、hihi~)高

つまり、lowの高さのド、mid2の高さのドという具合です。

 

そしてド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シの音に対応するように

アルファベットが割り当てられました。

ド→C

レ→D

ミ→E

ファ→F

ソ→G

ラ→A

シ→B

ちなみにAが一番低く、Gが一番高いです。

 

音域は階級+アルファベットで表されます。

例)lowG、mid1A,hiBなど

 

Gから一音上がると階級が上がります

(lowGの次はmid1A、mid1Gの次はmid2Aなど)

 

そして各アルファベットの間に#が付きます。

#は半音上がったということです。

 

全ての音は0.5音づつ区切られています。

 

要するにF→F#→G→G#という風に上がっていきます

(汚くて申し訳ない...)

#は黒い鍵盤の部分です。

先ほどGから一音上がるとAになると言いましたが

正確にはG#の次がAになります。

 

このように細かく音の表記がされることで

・今自分が出している音の高さがどれくらいなのか分かる

・歌いたい歌の音域を詳しく知る事が出来る。

などのメリットがあります。

 

ちなみに曲の最高音や最低音を教えてくれるサイトは

ほとんどがこの階級+アルファベットの表記となっています。

 

この音域の表には様々な読み方がありますが、

とりあえずこの2つを覚えるだけで大丈夫です。

 

後の講座でもこの音域の表現は

使っていきますので必ず覚えてください。

 

理解出来なかった人は上の音域表を保存して

それを見ながらもう一度講座内容を見返してください。

 

ちなみに男性の平均の音域がmid1A~mid2Gと言われています。

有名な曲で言うとレミオロメンの3月9日は最高音がmid2Gですね。

 

女性の平均の音域はmid1E~hicと言われています。

有名な曲でいうと高橋洋子さんの残酷な天使のテーゼは最高音がhiCです。

 

しかし、話し声で歌ってしまうと平均の最高音と呼ばれている

mid2GやhiCを出していると、

かなり喉に負担がかかってしまうと思います。

 

練習する際に喉が壊れてしまっては

元も子もありません。

 

まだ歌の発声が身についていないうちは

くれぐれも無理をしないでくださいね。

 

歌声の種類は3つあります


今回は用語解説なので具体的な発声の方法などはまた後の講座でお教えします。

 

歌声には大きく分けて4つの種類があります。

 

細かく言うともういくつかあるのですが

今回は割愛します。

 

それでは詳しく見ていきます。

①チェストボイス

その名の通り「胸声」と言われています。

 

胸に響かせるように歌う発声法ですが

実際に胸に響かせるわけではありません。

あくまでイメージです。

 

主に低音部分を歌う時に使用します。

 

歌の発声法の中で一番使用する頻度が高いので

とても重要となってくる歌声になります。

 

よく地声と混同されがちですがただ低い声を出せば

チェストボイスになるわけではありません。

 

チェストボイスも地声と呼ばれますが

歌の発声法の中で地声に近いから

そう呼ばれているだけで実際は違います。

 

この歌声は私が常々言っている

発声の基礎の部分になってきます。

 

この後紹介する2つの発声法も

このチェストボイスを安定して出す事が出来なければ

声が細いままで音程がフラフラしてしまったりします。

 

 

歌う時に話し声で歌っていたときに比べて

チェストボイスで発声することができれば

大分楽に今まで辛かった部分を出すことが出来ます

 

初心者の方ならこのチェストボイスさえマスターしてしまえば

一般的に歌が上手いと言われる部類まで

足を踏み入れる事ができます。

(もちろん地声に近い音域なので歌える曲は限られてきますが)

 

そのくらい重要な部分となってくるので

しっかりとチェストボイスの練習をしましょう。

 

②ミックスボイス

2つ目は「ミックスボイス」です。

 

この「ミックスボイス」の習得が

本講座の目標になります。

 

これは諸説色々あり定義するのが難しいのですが

本講座では「地声と裏声を橋渡しするための声」

と定義します。

 

と、いうのも

この「ミックスボイス」は

人によって解釈が全然違います。

 

チェストボイスを強化したものだという人もいれば

裏声を強く出すものだという人もいます。

ミックスボイス=歌うときの声なんて言う人もいます。

 

あなたもここに来る以前はこの情報を見て

色々と混乱したのではないでしょうか。

 

ただ本講座では先も言った通り

「地声と裏声を橋渡しするための声」と定義して

やっていくのでその認識で大丈夫です。

 

「ミックスボイス」は主に中音域の発声に用います。

 

チェストボイスでは出せない音域をミックスボイスでは歌えます。

なのでミックスボイスを身に着けることが出来れば一気に

歌える曲の幅も広がります。

なんなら男性でも女性曲も歌うことが出来るようになります。

 

更にこのミックスボイスは身に着けている人が

少ないので使いこなせるようになれば

カラオケでヒーローになれること間違いなしです(笑)

 

プロの歌手も皆このミックスボイスを身に着けています。

 

ただこの発声法は非常に難しく

もろに才能が関わってきます。

 

それこそ数か月で出来たよという人もいれば

4年練習しても出来ないなんて人もいます。

 

ミックスボイスを身に着けたいと思ったら

チェストボイス習得時の何倍も

努力が必要になることを覚悟しておいてください。

 

③ヘッドボイス

「ヘッドボイス」はその名の通り「頭声」

と呼ばれています。

 

息漏れが無い

鋭い裏声のことを指します。

 

ちなみに息漏れのある裏声は「ファルセット」といいます。

 

主に高音域で使われます。

 

ヘッドボイスは先のミックスボイスと

比べたら習得が格段に楽で

私の経験上

チェスト→ヘッド→ミックス

の順で会得することが多いです。

 

「ミックスボイス」は「チェストボイス」を

「ヘッドボイス」に繋げるために使用します。

 

ヘッドボイスの感覚としては

頭に響かせるように発声を行います。

 

これも実際に頭に響かせている訳ではなく

あくまでイメージです。

 

とりあえず高音を出してみたいという

人には良い発声法だと思います。

 

しかし、間違えた方法で発声してしまうと

声がキンキンして聞き苦しかったり

喉を痛めてしまうので

使うなら正しいやり方を教わった後にしましょう。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

ちゃんと音域表と歌声の種類は理解できましたか?

 

今後の講座では今日解説した言葉を使って展開していくので

まだよく分かっていないという方は

繰り返しこのページを見て理解してくださいね。

 

最後に重要な事を言います。

 

これも人によって定義が違うのですが、私は

「チェストボイス」「ミックスボイス」「ヘッドボイス」

これら3つを纏めたものを私は「ミドルボイス」と呼んでいます。

 

要するに歌う時の声=「ミドルボイス」

という事です。

 

もし歌う時の声の事をなんて言ったらいいか

わからないときは「ミドルボイス」と呼んでください。

 

以上です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

無料で大公開中

歌の知識0だった"ド初心者"だった私が

いかにしてミックスボイスを身に付けたか、

そしてその練習方法とは...?

 

メルマガ登録はこちら↓

 

現在ランキングに参加中です。

応援クリックして頂けると嬉しいです。

おすすめ記事一覧

1

鷹木です。   今回は発声原理(声が出る仕組み)について 解説していきます。   何故このような事を解説するかというと、 ある事柄について上達させたいと思っているなら その仕組みに ...

2

鷹木です。   今回は歌を上達させるためには”必要不可欠”なテクニックをご紹介します。   これからお話するテクニックは歌が上手な人”全員”が 意識的、あるいは無意識的に使っている ...

3

鷹木です。   今回は「共鳴」について詳しく解説していこうと 思います。   歌が上手な人が部屋中に響き渡る声を 出せるのは何故でしょう?   プロのアーティストが会場中 ...

-発声知識
-, , , ,

©2018 0から始めるミックスボイス講座

Copyright© 0から始めるミックスボイス講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.